« ダイエット(?)中です | メイン | We can not fly »

環境と資質

怖ッ!
1と2でメインになっているIちゃんが屁理屈ばかりの甘ったれた未熟なガキでありつつも根は良い子っぽいのに対し、3のこの女は真面目にダメそうです。DQNってこういうののことを言うのだろう。猫をジャイアントスイングのNTT社員そのマトメ)とかも。

俺は楽天的な理想主義者(で、有言不実行のダメ人間)だけど、世の中には純粋な悪というものが存在するんだよな、と思ってガッカリする。こういうの見ると。
女子高生コンクリ事件とかもそうだし、日常でもたまに見かけるが、共感や同情の出来ない想像力の欠如した利己的な人間ってマジいるんだよな。
同級生に援交を強要してカツ上げする女子高生とか信じられますか。オヤジ狩る女子高生とかもいるわけですよ(どこで見たか忘れたけど体験談を読んだ覚えが)。

一体どうしてこういう風になってしまうのかな、と。
親に大事にしてもらえなかったんだろうか。思いやられることのない殺伐とした家庭に育ったらそういう人間になってしまうのも仕方ないんだろうか。とか考えていたら。

・゚・(つД`)・゚・。
ええ話や。グレずに良い子に育ってほしいなぁ。

俺が好きな外国作家のシリーズ(ジョー・ランズデールのハップ&レナードシリーズ)なんかでもたまに語られるんだけど、酷い環境にあってもマトモ(ナニをしてマトモというかの定義はさておいて)に育つ奴もいれば、愛情深い家庭から異常者が育つコトだってあるんだよな。まぁアレは小説の世界だけど、多分現実だってそうなんだろう。
でも下敷きに虐待とかがあると、つい悪い奴に同情してしまうダメな俺。ドボー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jeha.org/mt3/mt-tb.cgi/27

コメントを投稿

About

2004年06月04日 11:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ダイエット(?)中です」です。

次の投稿は「We can not fly」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。