« 環境と資質 | メイン | おめでとう。ありがとう。 »

We can not fly

窪塚が跳びましたね。
俺はその時洗濯を終えて信長の野望Onlineをやっていたのですが、町中で窪塚飛び降りニュースを叫んだ人がいて、なんとなく笑ってしまいました。
飛び降りの事実ではなく、リアルのニュースがゲーム中で叫ばれる奇妙な感覚に。
そういえばいかりやさんが死んだ時にも大声ニュースがあったっけ。

飛び降りそれ自体については特に。中傷や悪意ではなく正直な感想として、如何にも躁病っぽいハイテンションなキャラクターだし、故意だとしてもありえるよなーと人事のように考えています(人事だし)。
でも9階から飛び降りて死ななかったというのは素直に凄いと思いました。なんだか窪塚パワーのような気がする。凡人なら死んでたんじゃないかと。

ちなみに窪塚については特別好きでも嫌いでもなく。ちょっとした好感と同情心を持って眺めているくらい。
多分あの人根はいい人だし、そのへんのアホ共(俺もやや含む)より余程頑張ってると思うんだけど、きっと思考のテンションが高すぎてマトモに喋れないんだろうなぁ、と。そんな雰囲気。
その辺踏まえて見ていると、良い奴だと思うんですよ。ホント。なんつーか、世の中の納得行かない、ダメだと思う部分に対して目を背けずに、何とか変えていこうとする姿勢とか、偉いなぁ、と思います(もちろん顔見知りなわけではないので、単にポーズなのかもしれないけど)。
マスコミには叩かれまくりだしね。それがちょっと可哀相。今回の事件でまた叩かれまくってるし。
昨年11月にダライ・ラマ14世が来日した際の講演会では、「妙に熱心に質問し、自分は世界を変えたいと思っているなどと延々と語り、回りが引いていた」(出席者)。」とか。叩こうと思うと悪い所ばっか取り上げるからな。

(拉致被害者家族帰還の時だって、「小泉に対する文句ばっかで感謝はねーのか!」という批判が多々あったようですが、実際感謝を述べたシーンは一切放映されず、ニュースのテロップも見ての通りだったとか。この釈明自体も殆ど報道されないしな)

まぁなんつーか。奇跡的に一命を取り留めたのも運命だったとでも思って、窪塚には逞しく真っ当に生きていって欲しいと思います。
潰れたり逃げたりせずに済みますように。そして独善的な狂信者にはなりませんように。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jeha.org/mt3/mt-tb.cgi/28

コメントを投稿

About

2004年06月07日 16:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「環境と資質」です。

次の投稿は「おめでとう。ありがとう。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。