« ゼブラーマン/ピンポン | メイン | Zaurus通信使い勝手 »

TRY/25時/ドラムライン

■TRY
まぁこんなもんかな。可もなく不可もなく、というか。単純娯楽映画。
渡辺謙が宿舎を訪れるシーンは好きだった。ああいうの好き。

■25時
まぁまぁか。ラストまではひたすら淡々としてる。
嫌いじゃないけど特別好きでもない。
ところでエドワードノートンの顔はあっちじゃハンサムなんだな。俺は好きじゃないんですけど。

■ドラムライン
面白かった。スポコンっつか青春モノは単純でいいなぁ。
個人的には最後の全体演奏をもっと聞きたかった。
あと発表系にタメがなくてずいぶんアッサリしてんのな。
全然関係ないけど、リー監督がハンサムで好みだった。主人公が無視されて抗議に行くときの黒タートルに眼鏡が一番良い。性格も萌えた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jeha.org/mt3/mt-tb.cgi/131

コメントを投稿

About

2005年02月20日 00:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ゼブラーマン/ピンポン」です。

次の投稿は「Zaurus通信使い勝手」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。