« 後始末 | メイン | 雨降りはお休み »

減量10日目、腹が引っ込む

体重や体脂肪率は殆ど変わっていないものの、腹回りが3センチ短くなった。
まさか10日で引っ込むわけはねーべ。たぶんメジャーがナナメってたんだべ、と思っていたが、実際引っ込んだっぽい。腹筋のおかげで。

今まで力を抜いた状態だと妊娠初期のように出っ張っていた腹が、今は通常時腹筋が引き締まった状態で、脂肪の分がゆるい2段カーブになっている。
トイレでそのことに気がついて10秒くらい「どうやって腹出っ張らせるんだっけ?」とか考えてしまった。はっきり意識して力を入れないと突き出た状態に出来ないし、そうすると痛みに近い違和感がある(多分内臓が動くから)。
スゲェな、腹筋。

そういや開始直後は背中の上のほう、肩の辺りしか上げられず、筋肉痛にもならなくて「こんなん意味あるのか」と不安だったクランチ(膝を立ててやる腹筋)も、3日目くらいから腰に近い部分まで楽に上げられるようになったし。
短期間でも結構効果あるんだなーと感じた。今までが筋肉無さ杉だったわけだが(高校の体育が最後のマトモな運動ですよ)。

あと、今までかなり猫背野郎で、疲れてるときとかまっすぐ立とうとすると背骨が苦しく感じることすらあったんだが、今は無意識にちゃんとした姿勢を保っていることの方が多い。これは背筋がついたのか、あるいはストレッチのおかげか。
何にせよ、いいね、運動。

この忌々しい脂肪も落としていつかは割れた腹筋を手に入れるのだっ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jeha.org/mt3/mt-tb.cgi/235

コメントを投稿

About

2006年06月16日 18:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「後始末」です。

次の投稿は「雨降りはお休み」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。