« 財布購入した | メイン | 酒は飲んでも飲まれるな特集 »

スーパーマン事前感想

今週末久しぶりに映画鑑賞&飲みに行くことになり、見る予定のスーパーマン リターンズの事前知識を得るために旧スーパーマンをレンタルした。スーパーマンRは前振りや設定の説明ナシに話が始まってしまうので、1~2を見てから行った方が良いという話だった。

ちなみにスーパーマン1においては、借りた翌日にTV放映があった。ギギギギギ。
字幕DVDと吹き替えTVと両方見てしまった。

「うわー悪役がジーン・ハックマンだぜー!」「マーロン・ブランドが出てるぜー!」と、ガキの頃から大好きで何度も見たはずなのに内容をすっかり忘れていて普通に楽しめた。

とはいえ古い映画であるのでクオリティ的にはあまり高くない。
合成がわかりやすかったり、マントのなびき具合が気に入らないとかいう問題はどうしようもないことなので当然目をつぶるが、ストーリーに明らかな無理があったり、グダグダな展開が多かったりする。
眼鏡と髪の分け目で正体が隠せてしまう事や脱げた服が行方不明になるのは別に構わんが、「この隕石はスーパーマンの弱点だ!」というのには笑ってしまった。いきなり断定かよ。せめて推測台詞くらい挟もうぜ!

だがしかし。クリストファー・リーヴ演じるクラーク・ケントの可憐さの前にそのような問題はささいな事である。
いやーもう、久しぶりに見たけどクソ可愛いな! 半端ねぇよクラーク!
あの純朴な田舎の好青年みてーな人が良さそうでありながら品のある顔立ちに、デカくて厚みのある身体とそれにフィットした上品なスーツがですね。凄まじい勢いで俺の急所を抉るね!
理想を言えばちょっと鼻を弄りたいとか、演出や時代を無視して別の眼鏡をかけさせたい所だが、そのままでも充分すぎるほどアレです。
また見てぇなー。DVD買うかなー。

と、多幸感につつまれた観賞となった。
新しいスーパーマンも同じラインの上品なハンサムで本当に良かった。今はまだクリストファー・リーヴの方が良いと思ってしまうが、映画を見て気に入るといいな。表向きの人柄を見る限りはキュートな奴だ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jeha.org/mt3/mt-tb.cgi/276

コメントを投稿

About

2006年08月24日 17:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「財布購入した」です。

次の投稿は「酒は飲んでも飲まれるな特集」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。