GAME JAZZ

« 討鬼伝が意外と面白い | TOP | 討鬼伝終了 »

2013年07月19日

討鬼伝のストーリーはやっぱりひどい

というか肌に合わないですね。
恐らく書いてる人が好きな要素が、俺が大っ嫌いな要素なので、もうどうしようもない感じ。
設定がすごいシビアなのにキャラクターの悩みが小さすぎる&後ろ向きで独りよがりすぎて…

でも中学生くらいならむしろこういうの好きかなー、自分も好きだったかなーという気がするので、全否定する気はない。
でも嫌いだ。ウザい。寒い。
そんな感じ。

以下ネタバレ&愚痴なので畳みます。

基本的に仲間NPCすべてに過去のトラウマがあり、それを主人公が(ってわけでもないけど)解決する事で結びつきが強くなる、みたいな話です。
そのトラウマがすさまじくありきたりかつしょっぱい。

特に「日本(世界)が鬼の出現で半壊して今まさに人類が滅びそうになっている」という状況で、ちっさい個人の悩みとか後悔でウダウダしてるのがひたすらウザい。
「戦う気がない奴は去れ! 俺が一人で里を救う!」とか言ってつきはなしたくなります。
まぁ俺が主人公でチート性能があるからこそ言えるセリフですが。

●金髪の優男くん(息吹?)のトラウマ
8年前、新兵の頃に鬼の大量発生が発生し、好きな人を助けられなかったことをずっと引きずっている。
ゲーム中で「恋人が偵察から帰ってこないんです!」という女性に共感して助けに行くが、既に偵察隊は全滅していた。
「俺には誰も助けられないんだ!」「俺は8年前のあの時にもう死んでいたんだ…」とヤサぐれて飲んだくれて隊を抜ける。
他の仲間がピンチになって助けに行こうという時にもついてこない。主人公が「一緒に来てよ」と言ってもヤサぐれている。
でも↑の女性が「助けに行ってくれてありがとうございました;;」と言ってきて「やっぱ俺頑張るわ!」となる。

もうとにかく死ねばいいと思う。
何人死んでると思ってんだ! 何のために戦ってんだ!!
10代半ばくらいならともかくお前20半ば~後半設定だろ!
個人的にはこの一幕の後のボスの「ヤレヤレ、お前たちは困ったもんだな」みたいな苦笑もすごいイラついた。
お頭状況わかってますかー? 青春ごっこしてる場合じゃないよー?

●巨乳(那木?)のトラウマ
昔は医者だったが、大親友の手術が上手くいかなくて死んでしまったので医療行為が出来なくなってしまった。
主人公に励まされて処方くらいならできるようになり、巨乳をかばって瀕死の重傷を負った主人公を手術して命を救う。

うん…。まぁ…。「ありふれた設定」というところ以外はまぁ、まぁ、まだましかな? って言う感じ。
怖いもんは仕方ないし。逃げてるわけじゃないし。

●ロリ鎖鎌(思い出せない)のトラウマ
50年前に神隠しにあって、最近戻ってきた子(このへんの設定チラ見せがまずすごいウザかった)。
家族や友達がほとんど死んでいて、生きてるのは弟分だったボスくらいという状況で、「夢に人を閉じ込める」鬼が出てきたときに、夢の世界に閉じこもっておきなくなる。
鬼を倒して皆が目を覚ましてもこいつだけ起きない…。よっぽど夢の中にいたいんだね;;
でも主人公が夢の中に入って起こす。

はいはいかわいそーだね! そのまま寝かせときゃいいんじゃねーの!? と思いました。

●マッチョ(富嶽?)のトラウマ
自分がいた里が鬼に襲われて、戦ったけど自分以外全滅してもうた。
以来敵の鬼を探している。
特にまだ小さかった巫女ちゃんが殺されたのがショックだった模様。
敵の鬼が近くにいると知って何故か一人で戦いに行き、後を追って行った主人公たちと一緒に倒す。

これはライターの犠牲にあった感じ。
唯一前向きでまともなキャラなんだけど、「主人公との結びつきを強める」「ドラマを作る」という目的で何故か一人で出撃することになってしまった感が強い。
あそこで一人で出て行く理由が全くないにもかかわらず、「お前なら俺がいなくても大丈夫だろ」とか言って(つくづくむかつくセンスだ)。
主人公を信用していないとかいうこともなく、基本的に近くにいる鬼は倒す必要があって、仲間たちが敵の鬼と戦うことを避ける理由とか一切ないんですけど!
例えば、「他の仲間が窮地に陥っていてそいつと戦ってられない、でもモタモタしてたら敵の鬼はまたどっかいっちゃうかも…」とかいう事態なら「すまねぇ、仲間の事はまかせた!」とか言って敵を討ちに行くのもまぁわからんでもないが(自分勝手な奴だなーという印象になるし、主人公の合流も難しくなるが)。
そういう工夫をせずに適当にやってることが透けて見えるのがまた好きになれない。

●太刀子(桜花?)のトラウマ
メインヒロインっぽくてまだ見てない。でも多分妹関係になるんじゃないのかな。
妹が巫女で、巫女は命を削って結界を張るから早死にだよーという設定。
既に「巫女が犠牲になるのはおかしいと思わないか?」「そんなことならいっそ…(戦って死んだ方がマシだ!)」とアホなことをぬかしており、俺の好感度はマイナスである。
この状況でなに甘い事抜かしてんだよ! 鬼と戦って死んでる若い奴等、鬼に殺されてる非戦闘民だって一杯いるだろうが!
と、思いますね。しかも「代わりに自分が犠牲になる」とかアホかと。妹が犠牲になるのと何が違うねん。
「そういう部分にまだ気づけていない未熟者」という描写ならいいんだけど、「妹を思いやる正義漢」みたいな位置づけなのが気に入らん。

●巫女ちゃん
仲間じゃないけど。「里のためなら!」とかいって無茶して結界はって倒れたり血を吐いたりしてる。
正直これ見よがしでウザい。

●忍者
なんかむかし忍者だったけど、子供を殺す任務をどうしても達成できずに仲間を殺して抜け忍になったことを未だに気にして悩んでいるようです。

まぁいいんじゃないかな(もうだいぶどうでもいい)。

投稿者 jeha : 2013年07月19日 18:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jeha.org/mt3/mt-tb.cgi/1432

コメント

なんかいつものオメガな感じですね。無双やってても時々そういうのあります。
あっちはまだ元ネタがあるからマシかもですが(でも最近マンネリ脱却を狙ってやらかしてる感が)。
とりあえず献身的な(とオメガが思っている)女性と、けなげな(とオメガ以下同文)幼女大好きなんですよね。
まあでもたぶん「見た目も中身もステキ(とオ以下略)なキャラで!燃えて!盛り上がるストーリーを!」と思ってるんだと思います。ファンサービス精神は意外に旺盛なんで。
ただオメガのサービス精神は明後日の斜め上空6000フィートぐらいに舞い上がっているので、イマイチかみ合わないというか、プレイヤーの声もそこに届くまでに大半揮発しちゃって正しく届いてない気がします。特に少数派意見は完全に気化。

投稿者 森聖 : 2013年07月22日 16:05

とりあえずラスボスっぽいものを倒しましたが、私の記憶にある限り3本の指に入る激怒もののクソシナリオでした。
(他はラストストーリーとFF8)

シナリオは書いている人の価値観や人生観がガッツリ出るので合わなかったら終わりですね。
ゲームシステム自体は悪くなかっただけに残念です。

特に深く物事を考えない人、価値観が偏ってる人の方が結果的に早く書けるので、仕事でもクソシナリオが蔓延ってて嫌になります。

投稿者 jeha : 2013年07月22日 17:03

ソルサクやるべきだった

投稿者 : 2014年08月30日 00:36

嫌々でも最後までプレイしたんですか?
途中で中古なり売れば良かったのでは?

投稿者 : 2014年11月16日 15:50

たかがゲームのドラマ性にウジウジ言ってるとか器ちっさ

投稿者 : 2015年09月24日 18:28

たかがゲーム如きに愚痴愚痴ちっせぇこと言って恥ずかしくないのかな?w 小学生でもあるまいし、そんなに嫌ならなぜプレイしたのか、よく分からないねw
お前どうせ現実でもそうやって嫌な人がいれば愚痴ばっか言うダメな人間だろ?www
こんな奴と同じ人間の種族とか恥ずかしすぎて生きていけないわ〜www
もう少しあなたのその『オツム』の為に小学生からやり直してはいかがですか?

投稿者 : 2016年03月19日 13:56

うっすい駄文をダラダラと書き連ねてるだけか。作品の批判は構わないが酷いなこりゃ。

投稿者 : 2016年07月31日 14:12

うっすい駄文をダラダラと書き連ねてるだけか。作品の批判は構わないが酷いなこりゃ。

投稿者 : 2016年07月31日 14:12

この人なんか可哀想だね笑

投稿者 あ : 2016年10月08日 12:02

感情を文章にしていただきたい
あなたにとって一番残念なのはゲームへの期待が裏切られたことではなく表現力だと思います

投稿者 ぶぶ漬けの神 : 2016年11月28日 22:28

「討鬼伝 ストーリー」で検索すると
このページが一番上に表示されていますね。
しかし他のレビューサイトなどを見たらストーリーとキャラクターは
高く評価されている事が多かったです。

この記事と他のレビューを読んでからプレイしましたが、
言うほど酷くはありませんでしたし、私は楽しめましたよ。
極版だったからかもしれませんが。

極の前のバージョンだといわゆる王道なキャラ、王道なストーリーで
少し古くさく感じる人も居るのかなと思いました。
複雑で作り込まれたストーリーやビターエンドが好きな人には
合わないんだろうなぁと思いました。

投稿者 あ : 2017年05月25日 14:29

お粗末な文章力。

投稿者 てて : 2017年06月12日 04:23

コメントしてください




保存しますか?